実績例

移転価格コンサルティング

1. マスターファイル、ローカルファイル、及びCbCRの作成サポート

グループの連結売上が1,000億円以上で、ローカルファイルはもちろん、マスターファイル及びCbCRの作成が必要となり、義務化の初年度より当社が作成をサポート。現在はベンチマーク分析や文書化の更新サポート、移転価格に関する質問事項に対するサポートなどを提供。

2. ローカルファイルの作成、移転価格ポリシーの見直しサポート

グループの連結売上が500億円超で、マスターファイル及びCbCRの作成義務は無いが、主要な関連者取引については日本及び現地でのローカルファイル作成義務に該当することから、4か国分のローカルファイルの作成をサポート。またローカルファイルの作成と並行して、移転価格税制を考慮した価格設定方針へ見直すことにより、日本及び現地の移転価格リスクを軽減。

3. 国外関連者への寄付金対応

グループの連結売上が50億円超の企業に係る税務調査において、ロイヤルティや出張者等の役務提供の対価回収の有無が争点となったことから、ロイヤルティのポリシーやグループ内役務提供(Intra Group Service : IGS)に係る対価回収ルールの整備、租税条約の届出などをサポートし、日本及び現地での税務リスクを低減。


専門家向けサポート

1. 独立系の大手税理士法人への国際税務サポート

従業員数300人超の独立系の大手税理士法人に対し、当該法人のクライアントの移転価格税制やタックスヘイブン税制等を含む国際税務関係について、レビューやアドバイス、必要に応じてプロジェクトにも参加。

PAGE TOP