ソフトウェア・モバイルコンテンツ

ソフトウェア導入のためのコンサル費用

税務通信3577号によると、ソフトウェア導入のためのコンサル費用は以下となります。例えば、既成のパッケー…

受託制作ソフトウェアの税務調査のポイント

受託制作のソフトウェア業は、安定した売上が見込めるケースが多いものの、開発開始後の仕様変更や検収完了が遅れること等により…

受託制作ソフトウェアに係る収益の計上単位の考え方

受託制作ソフトウェアに係る会計処理については、基本的に工事契約に関する会計基準(平成19年12月17日)に準じた処理とな…

ソフトウェアの除却損

従来のソフトウェアが全く使用されないこと及び新しいソフトウェアが旧ソフトウェアを元に開発したものではない場合は、除却損の…

所得拡大促進税制 ソフトウェア作成に係る人件費の対象年度

所得拡大促進税制では、損金算入される国内雇用者に対する給与等が判定等の対象となっています。この制度の条文の文言だ…

ゲームアプリの税務上の耐用年数について

「Free to Play + アプリ内課金」が一般的なゲームアプリでは、例えば税務上の耐用年数は3年・5年のどちらを選…

デジタル取引に対する間接税について

近年は情報技術の発展とビジネス全体のデジタル化が進み、各国の当局が企業の所得を正確に把握することが一段と難しくなっていま…

2019年4月よりGoogle Adsに関する消費税の課税区分の変更

本日4月1日は新元号「令和」の発表がありましたが、年度始めということもあり色々な変更がありました。今回はGoogle…

PAGE TOP