源泉徴収漏れを指摘されやすい海外取引

税務調査において、海外取引で問題となりやすいポイントに「源泉徴収漏れ」が挙げられます。海外の企業や個人(非居住者等)への支払いがある…

外国の駐在員事務所に係る事業税の所得計算について(PEに該当しないケース)

外国で事業を行う法人(特定内国法人)に係る法人事業税の所得計算については、「外国の事業に帰属する所得」を控除します。 特定内国法人とは?…

ジェトロ「新輸出大国エキスパート業務(法務、税務・会計)」の受託

弊社は本年度も、日本貿易振興機構(ジェトロ)が企画運営する「新輸出大国コンソーシアム」において、税務・会計エキスパートとして参加することとな…

日本における移転価格の文書化義務

日本の移転価格税制に係る文書化義務について、たびたび問い合わせがあるので、まとめておこうと思います。移転価格税制に係る3つの文書…

インド 2019-2020 税制改正概要、日印租税条約にMLIが適用(PE範囲の拡大)

2019年7月5日にインドの2019年-2020年の新しい国家予算が発表されました。今回の大きなポイントは以下の3点です。 法…

ゲームアプリの税務上の耐用年数について

「Free to Play + アプリ内課金」が一般的なゲームアプリでは、例えば税務上の耐用年数は3年・5年のどちらを選択すべきか、アプリの…

外国子会社配当益金不算入の失敗事例

最近、海外子会社を買収したクライアント様とのミーティングにて外国子会社配当益金不算入制度をディスカッションする機会がございましたが、ちょうど…

デジタル取引に対する間接税について

近年は情報技術の発展とビジネス全体のデジタル化が進み、各国の当局が企業の所得を正確に把握することが一段と難しくなっています。GAFA…

平成31年度税制改正 / 移転価格税制改正の概要

平成31年度税制改正で、BEPS報告書やOECD移転価格ガイドラインの改訂内容等を踏まえ、国内法における移転価格税制の見直しが行われました。…

移転価格:取引価格(値決めルール)の妥当性

最近、大手グローバル企業の税務部長の方が移転価格対応に関して記載された記事を拝見する機会がありました。独立前のキャリアの大半が事業会社の…

さらに記事を表示する
PAGE TOP